お問い合わせ/資料請求
トップページ  
企業概要   1927 創業者藤原加年治の研究創案に基づく電熱処理による曲げガラス加工をもって    
企業沿革     大阪市東雲町に藤原工業所を創業。    
製品紹介   1935 東京分工場を東京都荒川区に設置。    
  合わせガラス   1937 本社工場を現在地に新設移転。    
  強化ガラス   1939 愛知化学株式会社と提携。海軍航空機の遮風板ガラスの強化成型を行い、    
  曲げガラス     強化ガラスの生産開始。(現在、株式会社フジワラとなる。)    
  ドア   1946 戦災による全焼から復興。電気溶解による製造を開始。    
新製品紹介   1948 電気炉を復旧し曲面板ガラスの製造を開始。    
  防犯用   1951 藤原工業株式会社に資本金20万円で組織変更。    
  建築用   1957 強化ガラスドア「フジライトドア」の強化炉を増設。    
  機械用   1958 JIS R3206(強化ガラス)の日本工業規格表示許可工場となる。    
お問い合わせ
1960 JIS R3205(合わせガラス)の日本工業規格表示許可工場となる。    
    1963 日本板硝子株式会社の資本参加を得て、増資。資本金1億円となる。    
    1964 日本板硝子株式会社との技術提携により複層ガラスの生産を開始。    
  1970 JIS R3211(部分強化ガラス)の日本工業規格表示許可工場となる。    
  1971 北米ANSI規格(自動車用合わせガラス)に合格。(DOT69)    
  1975 オーストラリアAS規格(自動車用合わせガラス)に合格。    
  1978 合わせガラスの大型化及びHI膜需要に備え、空調設備の大改造に着手。    
  1984 合わせ仮接着ガス炉を大改造。コンピューターを設置。    
    1985 JIS R3205(自動車以外合わせガラス)のV類の追加許可となる。    
    鉄道車両用合わせガラスのUL承認取得。    
1989 自動プリンター(マスキング)新設。    
  1990 JIS R3205(自動車用以外合わせガラス)のU-1、U-2類の追加許可。    
  1991 大型曲げ連続炉を新設。    
  1992 甲種防火戸建設省認定。認定番号第0136号(片開き扉)、第0124号(FIX)。    
    NC2軸穴あけ機を新設。    
  1993 大型曲げ強化炉新設。大型縦型研磨機を新設。    
  1996 ソーク炉を新設。CNC自動異形切断機を新設。    
    ECE規格(E13)合わせ、強化承認。ANSI規格(A2,A3)承認。    
  1998 JIS R3206強化V類の追加許可。    
  1999 JIS R3213鉄道車両用安全ガラスの承認取得。    
  2000 岡山事業所設立。    
    プラットホーム安全ドアの接着業を始める。    
  2001 国交省より防火合わせガラス(ブレーズオフ)の認証取得。(EA-0006)    
    自動車用防犯ガラス(ロブガードスーパー)開発、特許申請。    
  2002 法律改訂の為、国交省より防火戸(はめごろし)と防火戸の認証番号変更。    
      (EA-9265、EA-9267)    
    防犯用ポリカ合わせ(ロブガードX)開発、発売開始。    
    岡山事業所閉鎖。    
    ガラス切断機 CNC2号機導入。    
  2003 工作機械用マシンカバーガラス(メカクリスタ)開発、発売開始。    
    CE(NC、マシニングセンター用カバー)EN12417取得。    
    スリップ防止ガラス(スリップガード)開発、発売開始。    
    中間膜冷蔵保管庫(No.2)設置。    
    ガラス切断機 CNC3号機導入。    
    中国強制認証取得。    
  2004 縦型洗浄機(製品検査用)設置。    
    米国司法省防弾基準NIJ-V、VA合格。(ロブガードBR-3、ロブガードBR-3A)    
    ロブガード、ロブガードX、ロブガードX2が警察庁の防犯ガラスに認定。    
    ベランダ用装飾合わせガラス(ベラミ)発売開始。    
    NY地下鉄用特殊フィルム貼り生産開始。    
  2005 工作機械用マシンカバーガラス(メカクリスタ薄型)EN12417/1800J、EN12415/C3適合。    
    装飾合わせガラス(カレード)発売開始。    
    ダブルエッチングマシン新設。    
    東京営業所設立。    
    寝屋川事業所設立。    
  2006 加工センター設立。切断機、洗浄機、穴空け機設置。    
    寝屋川事業所を加工センター第二工場へ名称変更。    
    避難誘導表示ガラス(ラナウェイ)開発、特許申請。    
    鉄道車両用灯具カバーガラス生産開始。    
    横型洗浄機(素板検査用)設置。クリーンルーム設置。縦型洗浄機(製品検査用)設置。    
  2007 ダイレクトプリント装飾合わせガラス(ベレッツァ)発売開始。    
    海外向け鉄道車輌用間仕切り 量産開始。    
    新JIS取得『R3205』『R3206』『R3211』『R3213』    
  2008 加工センター第二工場を加工センターへ移設。    
    プロジェクタースクリーン安全ガラス(ピュアスクリーン)開発、発売開始。    
  2009

『大阪市新事業分野開拓事業者』の5事業者5商品認定。(ピュアスクリーン)

   
  2010 和紙調合わせガラス(調‐しらべ‐)のグラデーション柄(微風‐そよかぜ‐)を発売開始。    
  2012 大型ドア「ピュアグレードドア」を発売開始。    
    東京営業所移転。    
  2013

ベランダ用エコ安全ガラス(ピュアラウム)を発売開始。

   
  2014

ベランダ用エコ安全ガラス(ピュアラウムS)を発売開始。

   
    2015 ベランダ用グラデーションガラス(ピュアシェードベラミ)を発売開始。    
    2017 創業90年記念式典開催